ちょぼちょぼ育児@アメリカ

ちょぼちょぼ育児@アメリカ

2019年にアメリカへ引っ越し、2020年に2人目を出産しました。二人育児、アメリカ生活について主に書いています。

【子育て】アメリカで数少ないパンツタイプでオムツかぶれを起こしAmazonで返品した話

昨日は、Amazon Prime Dayにそわそわした一日でした。
 

記事を書いていて思い出したのですが、先日、お嬢がアメリカでは数少ないパンツタイプのパンパースオムツで盛大にかぶれてしまいました。

そして、開封・使用済みのオムツを返品しました。

 

Amazonでのお買い物が増えている今、買ったものの合わずに返品したいという方もいるかもしれないので、アメリカAmazonでの返品のお話です。

 

 

Amazon prime dayにそわそわした一日

昨日は、朝からずっとそわそわAmazonをチェックしてしまいました。 

dorashima0609.hatenablog.com

dorashima0609.hatenablog.com

 

そして、Instagramである方が紹介していた洗濯カゴが良さそうだったので、20%OFFにつられて追加で買ってしまいました。

 

 

 

息子氏はPreschoolから帰宅してドロドロ、私たちもCOVID-19が流行してからはなるべくウィルスを家の中に持ち込まないために玄関で洋服を脱ぎます。

それをわざわざ洗濯カゴまで運んでいたのですが、これなら玄関に置いていても違和感ないし中身が見えづらいのでいいなと思って試すつもりです。

 

アメリカではパンツタイプのオムツが少ない

お嬢のハイハイが早くなり、つかまり立ち、つたい歩きもするようになってきたのでパンツタイプに切り替えたいなと思っていたこの頃。

渡米する前にたくさん調べたので、アメリカにはパンツタイプのオムツは現在2種類しかないと知っていました。

 

ところが、その一つであるHuggiesのパンツタイプ「Little Movers Slip-On Diapers」がAmazonやTargetなどで検索してもほとんど出てこない…

お嬢はサイズ3なのですが、4~6しか見つかりません…

公式サイトを見てもサイズが4~6になっているので、サイズ3は今は作っていないのかもしれません。

9kgからなので、もう少し大きくなったら試してみようと思います。

www.huggies.com

 

ということで、もう一つパンパースから出ている「Cruisers 360˚ Fit」を購入しました。

 

パンパース「Cruisers 360˚ Fit」 

購入したのはこちらの1か月分パックです。

 

 

アメリカのパンパースには独特な香りがついているのですが、

その香りを嗅いで出産した時のことを思い出しました…(病院でパンパースだった)

 

その一つ前に使っていたサイズ2のHuggiesと比較すると、だいぶ大きく感じます。

f:id:dorashima0609:20201015151051j:image

 

日本から持ってきているパンパース 肌へのいちばんのLサイズと同じ大きさです。

左が日本版、右がアメリカ版です。

f:id:dorashima0609:20201015151124j:image

※2019年に購入したものなので、写真のがこちらの商品と全く同じか不明です。

 

オムツは同じ大きさなのに、アメリカ版は7~13kg、日本版は9~14kgと微妙に違います。

(というかお嬢がサイズ4になることって日本にいる間はないのでは…?)

 

f:id:dorashima0609:20201015151201j:image

左が日本版、右がアメリカ版です。

内側は触った感じはほぼ同じでしたが、日本版はウエストのゴム部分が柔らかくてヒラヒラがついています。(ゴムが直接あたらないように?)

外側は、日本版の方が柔らかくて、高級な感じがします。

アメリカ版は日本のさらさらケアと同じラインなんですかね…?

 

パンツタイプはやはり便利、しかし盛大なオムツかぶれ発生

やっぱりパンツタイプは便利です!

足さえ入れてしまえば、つかまり立ちしててもスッと履かせられるのでお互いストレスが少ないです。

取るときもビリッと破いてくるっと止められる、この感じ懐かしいです…!

 

独特な香りさえなければ最高だなぁーなんて思いながら使っていました。

たしか使い始めて数日、お嬢がうんちをしたので見てみると真っ赤っかに!

かなり酷くて拭くだけで痛くてギャン泣きしてしまいました。

 

その時は「オムツ替えるの遅れちゃった!?」と思い、保湿してから

ベビーレジストリを登録した時にもらったオムツかぶれ用アクアフォーを塗りました。

↓これのミニサイズです。

 

ちなみに普通のアクアフォーでもオムツかぶれに効くと、書いてあります。

症状が軽くなってきたら普通のアクアフォーを塗っていました。 

 

数時間後には症状が軽くなったので、そのまま過ごしていたらうんちをする度に同様に真っ赤っかに。

そうなるとどんなに気を付けてそーっと拭いてもオムツ替えの度に大暴れで、お風呂に入ると染みて泣いてしまうお嬢。

当時、ピーナッツを離乳食で試していたこともあり、それか!?と思ったもののうんちの状態は下痢などなく普通です。

 

これはオムツか…?と思い、今まで使っていたオムツに戻してみました。

するとなんとたった2日で元通りに。

もちろんその間にはうんちもしましたが、全く赤くなりません。

 

半分以上残ったオムツを返品できるか聞いてみた

返品大国アメリカ、コストコでは保湿剤などを開封して使用してても返品できるなんて話を友人から聞きました。

なので、製品に何か不具合があったらまず問い合わせをするようにしています。

 

さらに、Amazonでは、返品期限が30日の商品が多いですが、ベビー用品はなんと90日以内なら返品できます。

半分以上余っているし、もしかしたら…!と思って問い合わせてみました。

 

私は、英語に自信がないので調べながらやりとりができるチャットでいつも問い合わせています。

  1. 「Customer Service」の「Your Order」から該当商品を選択
  2. 「Request return label」を選び、「I need more help」を選択
  3. 「Chat with us now」を選択すると、チャットが始まります。

 

「娘がオムツかぶれを起こしてしまったから返品したいんだけど、使用済みでもできますか?」と聞くと、

すぐに「残っている未使用品を返品してもらえば大丈夫ですよ。」と回答が。

 

さらに以下のことを聞かれました。

  • 同じブランドの製品なら交換できるけど、返品でいいか?
  • 返品方法の説明が必要か?
  • 返金方法はギフトカードか、支払ったクレジットカードに戻すかどっちがいいか?
  • 返品方法は、Kohls QR、UPS QR、UPS printable drop offのどれがいいか?

返品方法がよくわからなかったので、「説明して欲しい」とお願いすると丁寧に教えてくれました。

 

アメリカAmazonの返品方法

  1. KohlsかUPSどちらかに持ち込むか、UPSにピックアップしてもらうかを選ぶ。
    ・UPSのピックアップだと、依頼した次の日に取りにくるし、時間指定できないから取りに来るまで家にいないとダメらしい。
    ・持ち込む場合は、近くにお店がある方を選べばいいそう。
  2. 返品用のQRコードやラベルを発行してもらう。
    ・QRコードは印刷しなくて良いというメリットが。
    ・UPSの印刷ラベルは、持ち込んだ時に誰もいなくてもラベルを貼り付けて置いていけばいいからおすすめらしい。(お店に誰もいないことなんてあるのか…)
  3. 配達された箱か、自分で用意した箱に商品を梱包し、選択した方法で返品する。
  4. 返品が確認されたら、全額返金される。

私は、UPSの印刷ラベルを発行してもらい、貼り付けて持っていきました。

送料なども支払い不要なので、窓口で渡しておしまい。

しかも、渡して1時間も経たずに「返金処理が始まりました」と通知が来ました。

ギフトカードでの返金を選択したので、すぐに返金も終わりました。

f:id:dorashima0609:20201015151252j:image

 

まとめ

使用途中のオムツでも無事に返品することができました。

今度からは新しく試すオムツは少量で買おうと思います。

 

オムツに限らず、これ返品できるかな?と思ったら、問い合わせてみてください。